個人での修復の危険性(データ喪失の予防)

個人での修復の危険性

データ復旧24時
 個人での修復の危険性(データ喪失の予防)について。
 データ復旧24時は、データ復旧・ハードディスク修復を行う全国にある業者の情報サイトです。
データ復旧業者の登録(無料)

データ復旧・ハードディスク復旧の登録数:81

 

 

 
データ復旧24時 > 個人での修復の危険性

個人での修復の危険性

 
 壊れたデータの修復は個人でもできるケースはありますが、データの種類によっては専門の業者に頼んだほうが安全です。

 というのも、パソコンのトラブルの原因は多岐にわたっているからです。ハードディスクだけでも物理的障害や論理的障害があります。データ消失の原因についても、さまざまなものが考えられ、あまり原因が特定できない場合、自分で勝手に対処していくのは危険な行為といえます。

 たとえば、データの修復について、フリーのデータ復旧ソフトを使用する場合、起動することで記憶媒体を壊してしまったり、データを完全に削除してしまうようなことがあります。フリーのソフトは、さまざまな状況を想定して開発されていないため、使用することで余計に危険性を膨らませることがあるのです。それに、データの復旧率自体もあまり高いとはいえません。大事なデータを復旧させようというときは、避けたほうがよいでしょう。

 また、ハードディスクのトラブルの場合、障害が急速に進行してしまう傾向があります。データが復元できないところまで進行しては、元も子もありません。電源を入れてパソコンを立ち上げるこさえ、障害の進行につながるのです。そこで、まずパソコンの起動自体を最小限にすることを考えなければなりません。そのうえで、対処法を考えていくようにします。

 ハードディスクが物理的な障害を受けた場合は、分解してデータを復元しなければならないケースがあります。しかし、ハードディスクの分解には高度な技術ときちんとした設備が必要になってきます。自分でやろうとした場合、データを復活させることのできない可能性が高まってしまうのです。自分でハードディスクを復旧しようとする行為自体がたいへん危険性を含んだものなのです。

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
スポンサーリンク
 
 

 

 

データ復旧・修復メニュー

データ記憶装置の種類

ハードディスク
メモリーカード
USBメモリー
CD・DVD

記憶データの種類と特徴

画像・映像
テキストデータ
オフィスファイル
メールアドレス
音声データ

データ破損の原因

誤った削除や上書き
物理的事故
パソコンの動作環境不足
再インストール時の喪失
パソコンウイルス感染
復旧可能な状態

データ喪失の予防

バックアップの習慣づけ
個人での修復の危険性
自動更新バックアップツールの搭載
パソコンの熱対策
パソコンウイルス対策

データ修復の方法

データリカバリーソフトでの修復
データの吸出しによる移し変え
OSの再インストール
ハードディスクの復旧
メールのバックアップ方法

データ修復の手順

不安定な動作からの復旧手順
壊れたハードディスクからの復旧手順
システムの復旧
ネットワーク経由でのデータ復元
データ抽出前の分析と検査
 

データ復旧業者の登録申請

データ復旧24時では、データ復旧業者のご登録をお待ちしております。市区町村別のデータ復旧・修復業者を地域別検索が可能なため、データ復旧を検索される方へ高いアプローチが見込めます。
データ復旧業者のサイト登録(無料)
 
 
 
データ復旧24時について
・データ復旧24時は、全国各都道府県にあるデータ復旧・データ復元・データ修復・ハードディスク復旧・ハードディスク復元を行う業者の情報提供を目的としています。データ復旧・ハードディスク復旧のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ZETTA SEGMENT

データ復旧24時

データ復旧24時は、データ復旧・ハードディスク修復を行う全国にある業者の情報サイトです。
運営組織概要 免責事項 データ復旧関連リンク
 
 
 

Copyright (C) 2010-2016 データ復旧24時 All rights reserved.